2012年06月30日

無意味な失点が増えるとき

まずはこの瞬間に着目してみよう

動画はある日のGvでウィーが死んだ瞬間のものである
この時、別PTの剣士が相手アチャを攻撃、ウィーも同タゲに約定+裏切りを仕掛けている場面
剣士PTにコールが入り、ウィー一瞬孤立、ウィータゲられ攻撃される

味方PT近くに来るもウィーへの攻撃は止まず。必死の逃走+ポット投げ虚しく死亡
という場面である。

では検証してみよう
munen.jpg
まず自分のPTのWIZが近くにいない状況で攻撃を受けたのがまずかった
おそらく、味方WIZは単独行動をしていた武道についていたのだと思われる(画面に見えない為推測)
BIS・姫・悪魔(ウィー)が近くで行動、WIZ・武道が別行動、という分断状況がよくなかったのか?
裏切りの続行という判断ミスが招いた単独死か?
何れにしてもウィーの凡ミスである。

この瞬間
近くにいた味方WIZが、敵方向にいた為に救いを求めに行くのは難しい状況であった。
味方PTのBISも攻撃を受けていたのかコールできる状況下でなかった。
いわゆる死の袋小路にハマったという状況である。

今回はウィーが死んだケースを題材にしてみたが、このような状況、
ひょっとしていっぱいあるんじゃなかろうか?
PT内で分断 別PTとで分断、永遠の課題である
改善する方法はどうしたらよいか、これも未だに答えが出ない問題である
posted by ウィー at 17:10| Comment(0) | RS

2012年06月29日

妨害とは妨げて害となること

こんばんわ、ウィーです
とりあえずGvの結果から、
24_06_28gv.jpg
強豪ラウンドナイツさんですな
特筆すべきこともなく、いつも通り指示の相手を烈火時々裏切り、
相手の行動を妨げてなんぼです・・

W健比RS騎士ベルトを購入してから再振りをしていないので、裏切り食らうと腰が外れますw
もうすぐ目標のレベルに達するので、それまで我慢、我慢
その後の展望が見えてこない方が問題である。

烈火に専念すると裏切り枚数が減る、時々重なられて烈火対象を間違えるなどなど、問題山積である
posted by ウィー at 00:45| Comment(0) | RS

2012年06月28日

更新テスト

自宅以外からの更新設定テストなのだが、
テストだけではつまらないのでウィーが思う永遠のGv課題
「カルネアデスの板」について考えてみよう
カルネアデスの板とは

舞台は紀元前2世紀のギリシア。一隻の船が難破し、乗組員は全員海に投げ出された。一人の男が命からがら、一片の板切れにすがりついた。するとそこへもう一人、同じ板につかまろうとする者が現れた。しかし、二人がつかまれば板そのものが沈んでしまうと考えた男は、後から来た者を突き飛ばして水死させてしまった。その後、救助された男は殺人の罪で裁判にかけられたが、罪に問われなかった。
wikiより

というものである
さてPT内で交戦中、死にかけのキャラと敵を倒せそうなキャラがいる
倒せば+ポイント、死なせれば-ポイント
WIZ,天使、火力、妨害の立場ならどういった選択をするのだろう
死なせたくない、今コールはねえだろ、助けてくれ〜など様々な思惑が錯綜するはず、
これについてはRyuzo氏やハヂメ氏,バース氏になんどもとっちめられてきた(笑)

未だに正解のでない問題である。
posted by ウィー at 12:59| Comment(0) | RS